2022年5月18日

待望の晴れ!

 2019年の今日はこんな写真を撮っていました。

ちょうどキワヤさんに納品の時にお祭りに遭遇したのですね〜。

こんな光景も恋しいな〜。


ず〜っと雨なのでウクレレくんのバック板とトップ板を貼る作業を

控えていました。

やっと晴れ。


アンティークキューバンのロゼッタ入れ作業の写真を。


ちまちま作業




塗装をするとピカ〜っと光ります。


バック貼り完了。

明日はトップ貼ります。


雨の時にはストラト 業務をやっておりました。


焼き!入れて

いよいよ塗装に入りますよ〜。




2022年5月12日

アンティークキューバンマホガニー コンサートウクレレ製作開始

アンティーク家具テーブルからの素晴らしいキューバンマホガニー 。

ただならぬ素材パワー。

ありがたく調理させて製作させていただきます。


ピシッと柾目


バックもぴしっと


貴重材の時のサイド曲げ作業は”割れませんように”のお祈りは欠かせません。

うまく曲がりました。





2022年5月1日

シンカーコンサートウクレレ 納品

 昨日、阿佐ヶ谷のウクレレバードさんに納品をしてきました。

トップ シンカーレッドウッド

サイド&バック シンカーカーリーマホガニー

のコンサートウクレレです。


ヘッドのバナーインレイには

”INNOCENT WHEN YOU DREAM"



派手シック?なウクレレ

ウクレレバードさんにて販売です。


久しぶりの阿佐ヶ谷。
帰りにちょいと一杯やりたくもなりましたが、
思ったより寒かったので
ビール飲まないで帰ってきましたw



大好きなミュージシャンの訃報が続いています。

中川イサトさん、
私の一番好きな曲”クレセントムーン”は動画に上がっていないようです。
昔、ライブの前にお話しして私の作ったギターを試奏していただく機会がありました。

「今日はクレセントムーン演奏されますか?」とお聞きしたら
「練習しないと演奏できないな〜」とおっしゃっていました。
なんでもすぐ弾けるわけないですよね。

オレンジも大好きな曲です。



先日は小坂忠さんの訃報。

ライブを拝見したことがあります。



お二方のギターと歌、これからもずっと聞きます。
















2022年4月20日

男前コンサートウクレレ&ストラト

男前コンサートウクレレ製作中

トップはシンカーレッドウッド

サイド&バックはシンカーカーリーマホガニー

シンカーつながり。    


だいぶお待たせしちゃってすいませんのストラト ボディー。

塗装前に弦を張って諸々調整します。


男前な道具使っているんで男前な楽器ができそうです。



2022年4月14日

Baby ukulele Bolta on Sale

先月コツコツと進めていたミニウクレレ ボルタが完成しました。

うちで販売いたします。

クラフトムジカにはジュンタミニがソプラノより

小さいウクレレとしてあります。

ボルタは薄ボディーではなく厚ボディー。

でもってボルトオンネック。

音も良いです。

詳細はホームページにてご確認ください。





2022年4月1日

花子さん

記念すべき?今年5回目の投稿 はエイプリールフール

色々ありますね〜。

そりゃありますよ、みんな。

それでも桜は今年も綺麗に咲きました。

一昨年コロナ騒動が始まった頃

暖かくなればきっと治まるという僅かな期待がありました。

その時の春を待つ気持ちをウクレレに表したのが

名作”春子さん”

でした。

そして昨年はコロナよ治れ第二弾、

名作”コア の花子さん”

を作りました。


今年も作らなきゃな〜と思っていたのですが、

ちょうどウクレレバードさんの注文でソプラノ2本だったので、

ソプラノ花子さん2本を桜の咲く頃に間に合わせましたっ!


コアの花子さん ソプラノ




そして、

シカモア花子さん ソプラノ





今回も気持ちも明るくなるようなウクレレを作れて満足。

世の中も明るくなって欲しい。

2本のウクレレ さんはウクレレバードさんにて販売開始です。


そして、本日

阿佐ヶ谷のラストギターさんが新店舗オープン。

おめでとうございます!

プチムジカくんもホワイトファルコンをギャロッピングしながら

レジ脇?でお客様を迎えていることでしょう。(非売品)





2022年3月1日

グッドタイムス&ボルタピッコロ

2月上旬は大変な我が家の危機がありましたが
なんとか自力で乗り越えました。。。

そうですね〜この時期は確定申告という重〜い空気が基本あるので
なんとも暗い気持ちでありましたが、

昨日と今日で大体まとめました!

きっと大丈夫。


大丈夫です。ちゃんと作っています。
今月もチャレンジングな2本w仕上げました。


1本目はコンサートウクレレ。

グッドタイムス っていう名前。


端正な顔立ちを見てあげてください。
(顔はヘッドなのか?ヘッドは頭?端正な体を見てあげてというべきか?)


クラフトムジカ初のモニターホール。


弾き手に聞こえるサラウンド感をおためしあれ!


それともう1本は、ピッコロウクレレを非薄ボディーで作っておくれという
リクエストを受けていまして。。。

その昔、ジュンタを開発した時に、厚いくり抜きボディーで
ボルトオンネックというのも作りました。
音は良かったのですが少し重さが気になったのでした。

そして今回、以外とやっていなかったくり抜きボディーじゃなくて
普通のボディーの製作方法でボルトオンネック。




名前は

 ”ボルタ ピッコロ”

いい名前ですね〜。

わざわざピッコロとつけてるということは、シリーズ化の予感を
漂わせているわけです。

頭の中ではもう”ボルタ ミニ”ができているので乞うご期待。


そして、上の2本は

三木楽器アコースティックインさんにて販売です。

よろしくお願いします。

(フォントサイズを変えるという技を今身につけました。)